新築祝いの贈り物として人気があり、おすすめなのは観葉植物です。観葉植物は置いておくだけでも雰囲気があり、新居にピッタリのインテリアとなります。また、育てやすいものも多いので長く楽しめるところも人気の理由といえます。観葉植物には玄関などに合う大きなものから、テーブルや棚、キッチンなどに飾れる小さなものまで様々な種類があります。中でも、置く場所を選ばない飾りやすいサイズのものが新築祝いでは特に喜ばれています。ギフトとして贈る際には、置かれる場所もイメージして観葉植物を選んでみてください。しかし、いざ新築祝い用に観葉植物を選ぼうとすると、その種類の多さからどれを贈ったらいいか迷ってしまうこともありますよね。そこで今回は縁起の良いものと育てやすいものの二つのポイントに絞って、おすすめの観葉植物をご紹介します。

縁起の良い観葉植物でお祝いのメッセージを

観葉植物には花と同じように花言葉を持つものや風水的な意味を持つものが多くあります。新築祝いでは幸運や開運、金運にまつわるものがおすすめです。モンステラ花言葉は「うれしい便り」。ハート型の葉がかわいらしく、新婚カップルにもおすすめです。ハワイでは希望、幸運のシンボルとされ、リビングに飾ると家庭運に効果があります。ガジュマル沖縄では幸運をもたらす精霊が宿る樹といわれています。他にも「妖精の住む樹」や「幸せを見守る樹」とも呼ばれているためロマンチックな贈り物にぴったりです。また、「気根」という地表に出ている根がタコの足に見えることから「多幸の樹」ともいわれています。ミリオンバンブー台湾では開運、金運を呼ぶといわれています。うねるように伸びる姿がおしゃれでインテリアとしても映えます。竹のような幹ですがドラセナの仲間です。

育てやすい観葉植物を新築祝いに

せっかくプレゼントされた植物だけど管理が難しくて枯らしてしまったり、もてあましたり…。そうならないためにも育てやすく長く楽しんでもらえる種類の植物を見ていきましょう。パキラ育てやすい観葉植物の代表格です。生命力が強いので日当たりや水やりをあまり気にしなくても大丈夫。見た目もかわいいのでインテリアとして喜ばれます。また、和名で「発財樹」といい金運をもたらす縁起の良い植物でもあります。サンスベリア空気清浄効果が高いとして注目を集める植物です。乾燥に強いため、水を1回あげたら2~3週間は水やりの必要はありません。ユッカ中南米原産ですが日本の気候にも良く合います。できるだけ日に当て、水やりは控えめに。「青年の樹」といわれ成長や発展の意味があります。植物は部屋のアクセントにも日々の生活の癒しにもなります。新居を構え、新たな生活をスタートさせる方への祝福を込めて観葉植物を贈ってみてはいかがでしょうか。

※レアな観葉植物をお探しなら
オススメサイト→観葉植物通販サイト【インテリアプランツ】
お手入れが簡単な品種も多いので、一人暮らしの男性にもおすすめ。 観葉植物を飾れば、殺風景な部屋も素敵になります! 土に植えなくても成長する観葉植物はインテリアにぴったりです。 壁や天井から吊るせるような植物はお部屋のアクセントにも最適! 観葉植物通販のInterior plantsではギフトにピッタリの観葉植物を豊富に取り扱っております。