新築祝いで観葉植物を贈りたいけれど、何を選べば良いか分からないという人も多いのではないでしょうか。そのような人におすすめの植物を紹介します。まず、ミリオンバンブーがあります。ミリオンバンブーはその名の通り、竹のような見た目ですが、竹ではなくドラセナの仲間であり、ハイドロカルチャーと呼ばれることもあります。新築祝いのお祝いということで、新しい門出を祝って開運や金運を呼ぶとされている観葉植物はいかがでしょうか。うねるように成長する様子は芸術的でもあり、おしゃれなインテリアとしてもおすすめです。育て方は直射日光を避け、10度以上を保つようにしましょう。ただし、葉焼けなどを起こしやすいため、窓辺などにおくことは避けるようにしましょう。土栽培だけではなく水耕栽培も可能です。

特に新婚カップルにおすすめです

リビングに飾ることにより、家庭運をアップさせる効果を期待することが出来る観葉植物として、モンステラがあります。希望や幸運のシンボルとされていることもあり、特に新婚カップルの新築祝いとしておすすめです。モンステラは成長が早い植物です。水や肥料を与えることで大きく育ちますが、やり過ぎは枯れてしまう原因になりますので、注意が必要です。水は、土の表面が乾いたらたっぷりを与えるようにします。夏場は土が乾燥しやすいため、頻繁に行う必要がありますが、冬場は吸水量が落ちるため、それほど頻繁に水やりをする必要はありません。直射日光の当たらないところで育てるようにしましょう。室内で育てる場合には、カーテン越しなどの窓辺におくことをおすすめします。葉に埃が付いているような場合には水拭きをするようにしましょう。

精霊の宿る樹としても人気がある

幸運をもたらす精霊が宿る樹として知られるガジュマルはアスファルトやコンクリートを突き破るほどの生命力があります。また、根を地表に出した独特の姿は、見ているだけで楽しくなります。成長に合わせて植え替えるようにしましょう。ガジュマルの育て方は、適度な日光をあてるということと乾燥をさせないようにするということです。日陰でも育てることは可能ですが、出来ればたっぷりの日光の下で育てる事をおすすめします。ただし、直射日光があたってしまうと葉焼けの原因になりますので、注意が必要です。また、急に日陰から日光の下に移してしまうと生育が衰えますので、徐々に日光に当てる時間を増やしていくようにしましょう。定期的に水を与えるのではなく、土が乾燥したら、たっぷりと水を与えるようにしましょう。