大特集!ウィッグ通販サイト6選

ホーム > ウィッグについて > ファッション用ウィッグを選ぶ際のポイント

ファッション用ウィッグを選ぶ際のポイント

ファッション用のウィッグにはさまざまな種類や価格帯のものがありますが、選ぶ際に抑えておきたい基本的なポイントがいくつかあります。
まず挙げられるポイントは、髪の毛の部分にあたるファイバーが自然に見えるかどうかということです。
ファッション用のウィッグには化学繊維のことを指すファイバーが使われていますが、このファイバーには化学繊維特有のテカリが見られる場合があり、それが不自然に見えることがあります。
特に安いウィッグの場合はテカリが目立つことが少なくないため、より自然に見せたい場合はファイバーの品質が良いものを選ぶようにしましょう。
ただし品質の良いものはそうでないものより値段も高くなってしまう傾向があるため、品質の良さと値段のバランスを考慮して選ぶことも重要になります。


ファッション用のウィッグ選びでは、ファイバーの品質だけでなく、実はつむじの部分も重要になります。
頭全体を覆うフルウィッグは、頭頂部につむじが作られているのですが、この部分が不自然だとウィッグを着けていることがバレてしまう場合があります。
このつむじ部分は、頭皮を模したラバーが取り付けられており、そのラバーに毛が植えられているという構造になっています。
ですのでこの部分が、まるで地肌に毛が生えているように自然に見えるものを選ぶことがとても重要になってくるというわけです。
そしてウィッグの毛を植える方法には機械植えと手植えがあるのですが、よりつむじが自然に見えるのは手植えであり、値段も高くなる傾向にあります。
またつむじの形については、放射状のものより、分け目の線があるほうがより自然に見えると言われています。


ファッション用のウィッグを選ぶ際の、その他のポイントとしては、耐熱性があるかどうかということが挙げられます。
ヘアースタイルをセットする時は、ドライヤーを使用することが多いと言えますが、ウィッグの場合もドライヤーなどを使ってセットすることが可能です。
しかし耐熱性がないものだとドライヤーが使えないため、セットにドライヤーなどを使いたい場合は耐熱温度が160~180℃のものを選ぶようにしましょう。
そしてウィッグは、サイズ調整が出来るかどうかもポイントになります。
一般的なウィッグはフリーサイズなのですが、フルウィッグの場合はフィット感も重要になってくるため、サイズ調整の出来るものを選ぶと便利でしょう。
サイズ調整が可能なウィッグは、キャップの部分にアジャスターが付いているため、そこをチェックするとよいと言えます。