大特集!ウィッグ通販サイト6選

ホーム > ウィッグについて > 知っておきたいウィッグの臭気対策

知っておきたいウィッグの臭気対策

ウィッグ利用者の悩み事の一つに、日常生活でウィッグを身に付けているけど、自分自身でも臭いが心配といったウィッグの悪臭に関係した問題点があります。
ウィッグについては、とりわけ着用者自らが臭いを意識するアイテムです。
毎日のようにウィッグを着るといったウィッグ使用者にとり、ウィッグの悪臭は天敵と言えます。
殊に、非常に強い悪臭が付きそうな所に行っているわけではないのに、気付かぬうちにウィッグが臭いという体験をした事がある人も少なくありません。
これに関しては、ウィッグの機能上回避できないことといえます。
元を正せばウィッグは頭部の肌をカバーする状態のもとで頭から被るように使います。
従いまして、利用中にウィッグ中が蒸れてしまって、汗もしくは皮脂がウィッグへと付着してしまいます。


またウィッグには、タバコといった非常に強い悪臭が付くことがあります。
とりわけ、近頃ではタバコの臭いに対して拒否感を持つ方も多いことから、気をつける必要があります。
一つの例として、毎日のようにウィッグを活用している人で、継続的にタバコを吸う方なら、ウィッグに対して付いたタバコの臭いが自分自身ではそれほど気にならないと言う事が少なくありません。
しかしながら、自分自身が意識することがないからと言って、他の人も不快に考えていないとは言い切れない物です。
ウィッグに対して付いた多種多様な悪臭は、周りの人からすれば激しい臭気として不快な感じをさせている可能性がないとは言えません。
ですから、周期的にウィッグの臭いを確認して、不安ならシャンプー等のメンテナンスを行うことが重要になります。


ウィッグについている悪臭が、たばこ並びに汗や皮脂などが要因であった場合、ウィッグをシャンプーで綺麗にする事が一番最適な方策です。
ウィッグに関しては、着用する頻度が高いほど、臭いそのものが付着してしまうので、こまめなシャンプーが必須と言えるでしょう。
元来、ウィッグをナチュラルな状態で保ちたいなら、周期的なシャンプーやブラッシングは欠かせません。
ですので、状況が許す限り、悪臭が気になる前に対策をしましょう。
それに加えて、おろしたてのウィッグが有している素材臭については、意外と容易に取る事ができます。
手法としては、 ウィッグ用ハンガー等にかけ、日陰で風通しが良好の所に置いておくだけで済みます。
ウィッグによって違いがありますが、ほとんどのケースでは、半日~1日程陰干しすれば、素材臭は軽減します。